スマートピアニストを使う

接続した楽器によってスマートピアニストで使える機能が異なり、使える機能のみスマートピアニストの画面に表示されます。楽器ごとに使える機能は、こちらでご確認ください。

この章では、最初に「基本操作」をお読みください。その後、メニューで選んだ各機能の説明をご覧ください。

基本の操作ボタン①~⑦について説明します。

a          メニュー

各機能への入口です。まずここで使いたい機能を選びます。楽器により表示されるメニューは異なります。

ピアノルーム (ピアノ演奏を楽しむ)

ボイス (さまざまな音色で弾く)

スタイル (自動伴奏を付ける)

ソング (曲を再生/録音する)

ユーティリティー (全体の設定をする)

楽器 (楽器と接続する)

デモ (楽器紹介を見る)

b          ヘルプ

機能の説明が表示されます。黄色くなった箇所をタップして操作方法を確認します。

c           設定

メニューで選んだ機能に応じて、ピアノルーム設定画面、ボイス設定画面、スタイル設定画面、ソング設定画面が表示されます。各機能に関するさまざまな設定をします。

d          録音

録音画面を表示します。演奏を録音できます。

e          レジストレーションメモリー

選ばれているボイスやスタイルなどの設定をまとめて保存します。また、必要なときにすぐに呼び出せます。

[現在の設定を保存する]をタップして現在の設定を保存します。設定を呼び出すには、保存した設定をリストから選びます。 (情報)をタップすると、そのレジストレーションメモリーに記憶されている内容を確認できます。

f            メトロノーム

メトロノーム画面を表示します。メトロノームを使えます。

g          音量バランス

鍵盤演奏、スタイル、ソング、マイクなどパート間の音量バランスを調節します。

お好みのピアノの音で演奏を楽しめます。ピアノや背景のイラストを左右にフリックするとピアノの種類や演奏空間を変更できます。

ピアノルーム設定画面では、音の響き具合やタッチ感度などもお好みの設定にできます。

ピアノのほか弦楽器や管楽器などさまざまな音色(ボイス)で鍵盤を演奏できます。ボイスを選ぶには、楽器のイラストをタップします。

1つのボイス(メイン)を鳴らすだけでなく、そこにもう1つのボイス(レイヤー)を重ねることもできます。また、レフトをオンにすれば、左側の鍵域では別のボイスを鳴らせます。

レフトをオンにしたとき、鍵盤を左右に分ける位置(スプリットポイント)は、鍵盤イラスト上の線を左右に動かすことで変更できます。この線をダブルタップすると、初期設定(F#2)に戻せます。

演奏に合わせて自動伴奏(スタイル)を付けられます。1人でも、バンドやオーケストラとの演奏を楽しめます。

1.   スタイル画面の左上、下図で示した位置をタップしてスタイル選択画面を表示させます。

2.   スタイル選択画面で、再生するスタイルを選び、右上の[完了]をタップします。

3.   スタイル画面に戻ったら、 (スタート)をタップして再生をスタートし、鍵盤を弾きます。

[シンクロスタート]をオンにしておくと、鍵盤を弾くと同時にスタイル再生がスタートします。 (スタート)をタップする必要はありません。

演奏の盛り上がりに応じて、伴奏パターン(セクションA/B/C/D)を切り替えてみましょう。

4.   演奏が終わったら、 (ストップ)をタップします。エンディングが鳴りスタイルの再生が停止します。

内蔵曲や市販の曲データなどを総称して「ソング」を呼びます。単に再生して聴くだけでなく、ソングを再生しながら練習したり自分の演奏を録音したりできます。ソングの形式にはオーディオとMIDIがあります。詳しくは、よくあるお問い合わせ(FAQ)の「オーディオとMIDIの違いは?」をご覧ください。

1.   ソング画面の左上、下図で示した位置をタップしてソング選択画面を表示させます。

2.   ソング選択画面で、再生するソングを選びます。

* スマートピアニストで録音した曲は[ユーザーソング]、スマートデバイス内にあるオーディオ曲は[ミュージックライブラリー]から選べます。

3.   ソング選択画面の下部にある (スタート)をタップして再生をスタートします。

ソング選択画面では、(一時停止)をタップするまでくり返し再生が続きます。

4.   譜面を表示したい場合は、右上の[完了]をタップしてソング画面に戻ってから、 (スタート)をタップして再生をスタートします。

ソング画面では、曲の最後まで再生されると自動的に再生が止まります。

練習に便利な機能を使えます。練習したいソングを選んだら、ソング画面を表示させておきます。

* オーディオソングの譜面は、オーディオトゥースコア機能を搭載している楽器のみ表示できます。オーディオソングでは、以下の機能のうちA-Bリピートのみ使えます。

u  ガイド

[Guide] (ガイド)をタップしてガイド機能をオンにすると、正しい鍵盤を弾くまで、ソングの再生が待ってくれるので自分のペースで練習できます。ガイドランプまたはストリームライツを搭載している楽器では、弾く鍵盤の位置をランプで示してくれます。

u  くり返し再生 (A-Bリピート)

1曲のうち、指定した範囲をくり返し再生します。難しいフレーズを練習するのに便利です。

1.    (スタート)をタップして、ソングの再生をスタートします。

2.   くり返しの開始位置(A)まで再生されたら、[A-B]をタップしてオンにします。

3.   くり返しの終了位置(B)にしたいところまで再生されたら、再度[A-B]をタップします。その後、A点とB点の範囲がくり返し再生されます。

[A-B]をオフにするとくり返し範囲の指定が解除されます。

* ソングの再生位置は、ソング名下にあるスライダーを使って移動できます。

* B 点を曲の終わりに設定することはできません。

オーディオソングの場合、A/B点を設定できるのは各拍の頭です。スライダーを右端に移動すると、最終小節の最後の拍の頭に移動します。

MIDI ソングの場合、A/B点を設定できるのは各小節の頭です。スライダーを右端に移動すると、最終小節の頭に移動します。

u  パートオン/オフ

片手だけ練習したい場合など、練習したいパート(右手/左手/バッキング)オフにして再生します。ほかのパートの再生に合わせて、オフにしたパートを弾く練習ができます。

演奏をオーディオ形式またはMIDI形式で録音し、ソングとして保存できます。録⾳したデータはスマートデバイスに保存されます。録音データをスマートピアニストから取り出したい場合は、よくあるお問い合わせ(FAQ)の「録音した演奏データを取り出すには?」をご覧ください。

* オーディオ録音が可能な楽器でも、Bluetoothで接続している場合は、オーディオ録音はできません。ほかの接続方法に変更するか、MIDI形式で録音してください。

u  新規録音

1.   ボイスやスタイルの選択など演奏に必要な設定をします。

2.   基本の画面(ピアノルーム/ボイス/スタイル/ソング)の左下にある(録音)をタップして録音画面を開きます。

3.   (オーディオ録音可能な楽器のみ) [オーディオ]または[MIDI]を選びます。

4.   [新規ソング]をタップします。

5.    (録音)をタップして録音をスタートします。

6.   演奏が終わったら、画面左下にある (ストップ)をタップして録音を終わります。

7.   [保存]をタップして、録音した演奏をスマートデバイスに保存しましょう。

録音した日時がソング名として表示さますが、ソング名をタップして変更できます。

保存したデータをあとで再生するには、ソング選択画面の[ユーザーソング]から選びます。

u  多重録音(既存のソングにデータを追加する)

録音済みのソングを再生しながら録音することで、データを追加できます。一度に演奏するのが難しい曲でも、パートごとに録音して1つの曲に仕上げることができます。たとえば、右手演奏を先に録音しておき、右手演奏を聞きながら左手演奏を録音したり、スタイル演奏を先に録音しておき、スタイル演奏を聞きながらメロディー演奏を録音したりできます。

1.    新規録音」の手順で、ソングを録音して保存します。

MIDI録音の場合は、録音するパートを[録音]に、録音しないパートを[オフ]にします。録音先となるチャンネル(116)も指定します。

この画面は右手の演奏(メインパート)をチャンネル1に録音する例です。

2.    ソング選択画面で、録音済みのソングを選びます。

3.    基本の画面(ピアノルーム/ボイス/スタイル/ソング)の下部にある (録音)をタップして録音画面を開き、手順1で保存したソング名が表示されていることを確認します。

4.    (MIDI録音の場合のみ)録音するパートを[録音]にし、録音先のチャンネルを指定します。

この画面は左手の演奏(メインパート)をチャンネル2に録音する例です。

手順1で録音済みのチャンネル1(右手パート)は、画面下部に表示された楽器イラストによりデータがあることがわかります。録音済みのチャンネルを[Rec]にすると、データが上書きされます。

5.     (録音)をタップして、録音をスタートします。

6.    演奏が終わったら、画面下部にある (ストップ)をタップして録音を終わります。

7.    [保存]をタップして、録音した演奏をスマートデバイスに保存しましょう。

手順2で選んだソングとは別のソングとして保存したい場合は、ソング名を変更してから保存します。


ユーティリティー画面では、チューニングや鍵盤の設定、ペダルの設定、マイクの設定など、楽器全体に関わる設定をします。

メニューの[楽器]では、スマートピアニストと楽器を接続します。接続中は楽器名が表示されます。詳しくは「楽器と接続する」をご覧ください。

デモ画面では、接続中の楽器の機能を紹介した動画を視聴します。見たい動画をタップして再生します。