よくあるお問い合わせ (FAQ)

楽器によって使える機能が異なります。また、お使いの楽器に搭載された機能でも、スマートピアニストでは操作できないものもあります。楽器ごとに使える機能は、こちらでご確認ください。

• オーディオソング

演奏した音や歌そのものを記録したデータです。ボイスレコーダーなどで録音するのと同じしくみで録音したものです。たとえば、CDからスマートデバイスに取り込んだ曲などがオーディオソングです。

オーディオ録音では、鍵盤演奏だけでなく、楽器に接続したマイクを通して歌声も一緒に録音したり、楽器に接続したオーディオ機器での再生音も録音したりできます。一般的なCD音質(44.1kHz/16bit)のステレオWAVまたはAACの形式で保存されるので、そのままスマートフォンなど音楽プレーヤーで再生できます。

MIDIソング

鍵盤を押す/離すといった演奏の動きを記録したデータです。楽譜のように、どの鍵盤をどのくらいの強さでどのタイミングで弾いた、といった演奏情報が記録され、音そのものは記録されていません。記録された演奏データに基づいて、楽器の音源部が鳴ることで音となります。譜面の表示、パートごとのオン/オフなどができ、演奏の練習に便利です。たとえば、楽器に内蔵の曲などがMIDIソングです。

MIDI録音では、右手パートやスタイルパートなど各パートを個別に録音できます。録音後にテンポを変更したり、演奏の一部を録音し直したりできます。ほかの電子楽器やコンピューターのソフトウェアを使って編集しやすいデータです。オーディオ録音に比べてデータ容量が小さいのも特長です。

MIDIソングをオーディオソングに変換するには、MIDIソングを選んだ状態でオーディオ録音をスタートします。何も演奏せず、ソングが最後まで再生されたらストップして保存します。

譜面が表示されるのは、MIDIソングだけです。内蔵のソングやMIDI録音したユーザーソングが対象です。譜面を表示するパート(チャンネル)の設定が適切でない場合は、「メロディー以外のパートの譜面を表示させるには?」の手順で、設定を変更してください。

オーディオソングでは、コード譜のみ表示されます。ただし、オーディオトゥースコア機能を搭載している楽器では、オーディオソングの伴奏譜も表示できます。

ソング画面では1曲の再生が終わると自動的に再生が停止します。くり返し再生したい場合は、ソング選択画面を開き、右下にあるボタンをタップして、再生方法を切り替えます。

選択中の曲だけをくり返し再生します。

選択中の曲と同じカテゴリー内の全曲を順番にくり返し再生します。

選択中の曲と同じカテゴリー内の全曲をランダム(順不同)にくり返し再生します。

Dropbox (ドロップボックス)にデータをエクスポート(出力)することで、録音データをほかの機器でも活用できます。

1.   ソング選択画面で[ユーザーソング]を選び、[編集]をタップします。

2.   エクスポートしたいソングにチェックマークを付け、 (エクスポート)をタップします。

3.   エクスポート先を確認し(フォルダーがあれば選んで)[エクスポート]をタップします。

4.   確認の画面が表示されたら[OK]をタップします。エクスポートが完了すると、ソング選択画面に戻ります。

5.   コンピューターやスマートデバイスでDropboxにアクセスします。エクスポートしたソングは、「アプリ」フォルダー内の「Smart Pianist」フォルダーにあります。USBフラッシュメモリーなどに保存して活用できます。

Dropbox (ドロップボックス)の「アプリ」フォルダーにある「Smart Pianist」フォルダーにデータを置き、そこからスマートピアニストにインポート(取り込み)します。

1.   ソング選択画面で[ユーザーソング]を選び、 (インポート)をタップします。

2.   (フォルダーがあれば選んでから)インポートしたいデータにチェックマークを付けて[インポート]をタップします。

3.   確認の画面が表示されたら、[OK]をタップします。インポートしたソングが、手順1の画面に表示されます。

4.   再生方法は、「ソング(再生する)」をご覧ください。

Dropbox (ドロップボックス)を使ってデータを移行できます。

1.   使用中のスマートデバイスで、ユーティリティー画面の[システム][バックアップ]をタップし、Dropboxにバックアップファイルをアップロードします。

2.   データの移行先となるスマートデバイスで、ユーティリティー画面の[システム][リストア]をタップし、Dropboxからバックアップファイルを取り込みます。

Dropboxとは、Dropbox.Inc.が提供している「インターネット上でファイルを共有するサービス(オンラインストレージサービス)」です。スマートピアニストでは、録音した演奏データをDropboxエクスポートしたり、Dropboxからデータをインポートしたりできます。またさまざまな設定を含むすべてのデータをまとめてバックアップすることもできます。Dropboxを利用するには、スマートデバイスをインターネットに接続した状態で操作してください。

スマートピアニストをDropboxにリンクさせるには、ユーティリティー画面の[システム][Dropbox]で設定します。

[ログイン]をタップすると、Dropboxへのログイン画面が表示されるので、必要な情報を入力してください。認証されると、上記画面の[ログイン]の位置に、Dropboxのアカウント名が表示され、インポート/エクスポートができる状態です。

スマートデバイス内にあるオーディオソングの伴奏譜を自動で作成示する機能です。オーディオソングを選択するだけで、その曲のコード進行が解析され、さまざまなパターンの伴奏譜(ピアノパート譜)が自動的に作成されます。1つの曲で伴奏譜は40種類作成され、ジャンルアレンジや演奏レベルに合った譜面を選んで楽しめます。

* メロディー譜は作成できません。

接続中の楽器がオーディオトゥースコア機能を搭載している場合のみ使用できます。

1.   ソング選択画面で、オーディオソングを選び、右上にある[完了]をタップします。

スマートデバイス内にあるオーディオ曲は[ミュージックライブラリー]から選べます。

2.   ソング画面に、作成された伴奏譜が表示されます。

ソング設定画面の[アレンジ][伴奏譜のパターン]で、お好みの伴奏譜を選べます。

オーディオトゥースコアで作成される伴奏譜は、基本的に4分の4拍子です。そのため、4分の3拍子の曲では、正しい譜面が表示されない場合があります。

ここでは「Silent Night(4分の3拍子)を例に、拍子の修正のしかたを説明します。

1.   伴奏譜に記載されている拍子を確認し、下部にある[コード]をタップします。

2.   コード譜上部の (解析)をタップします。

3.   「拍子」を4から3へ変更し、[再解析]をタップします。

4.   コード譜が表示されたら、下部にある[譜面]をタップして譜面表示に戻ります。

4分の3拍子に修正された伴奏譜が表示されます。

対応しているオーディオデータは下記フォーマットのWAVAACMP3 データです。

WAV

サンプリングレート: 44.1kHz、モノ/ ステレオ

量子化ビット数: 8 または16bit

AACMP3

サンプリングレート: 44.1kHz、モノ/ ステレオ

ビットレート: モノ= 32kbps 160kbps、ステレオ= 64kbps 320kbps(可変ビットレートにも対応)

また、音楽ストリーミングサービスの曲、ミュージックアプリ以外で取り込んだ曲、DRM (デジタル著作権管理)により制限された曲は選べません。着信音、アラーム音なども選べません。

オーディオソングを選曲すると、コードが自動で解析され、コード譜や譜面が表示されます。コードは高い精度で解析されますが、原曲と異なる場合があります。また、スマートデバイスやOS によっては解析の結果が変わる場合があります。

コード譜に変更する場合は、編集したいコードをタップしてお好みのコードを選んでください。

ステレオ音源のオーディオソングの多くは、メロディーパート(主に歌声パート)がセンターから聞こえるように作られています。メロディーキャンセル機能を使って、センターの音量を小さくし、メロディーパートを聞こえにくくできます。

1.    オーディオソングを選び、ソング画面を表示させます。ソングの選び方は「ソング(再生する)」をご覧ください。

2.    ソング設定画面の[アレンジ][メロディーキャンセル]をオンにします。

3.    [完了]をタップしてソング画面に戻り、ソングを再生します。メロディーパートの音量が小さくなったことを確認します。

内蔵曲は、通常、メロディーパート(右手/左手)がチャンネル1/2に割り当てられています。この割り当てを変えることで、表示される譜面が変わります。

1.   ソングを選び、ソング設定画面を表示させます。

2.   ソング設定画面の[再生][MIDIパートチャンネル]の設定を変更します。

[自動設定]をオフにし、[右手][左手]に割り当てるチャンネルを変更します。

一部の楽器では、ユーティリティー画面の[譜面]でこの設定をします。

3.   ソング画面に戻ると、大譜表の上段に[右手]に割り当てたチャンネルが、下段に[左手]に割り当てたチャンネルが表示されます。

スマートピアニストとほかのアプリを同時に使うことはできません。スマートピアニストと楽器を接続したまま、ほかのアプリを操作すると、接続が解除されます。

アプリと楽器の接続が切断されるおそれがあります。接続が切断されたら、楽器の電源を入れ直してください。その後、楽器とスマートデバイスを再接続してください。

スマートデバイスやBluetooth の仕様、またはお使いの無線の通信環境によるものです。下記の対処⽅法をお試しください。

• スマートデバイスの設定画⾯でBluetooth をいったんオフにしてから、再度オンにしてください。また、接続先リストに「楽器のモデル名_MIDI」がある場合は削除してください。

• スマートピアニストを終了して、楽器の電源を⼊れ直してください。

• 電磁波を発する機器(電子レンジ、無線機器など)の近くで使用しないでください。

以上の対処をしてから、スマートピアニストを再起動し、接続ウィザードを使って再接続してください。それでも問題が改善しない場合は、USB ケーブルを使って接続してください。

スマートデバイスに十分な空き容量がないと、アプリを起動できません。不要なアプリケーションやデータ(写真など)を削除するなど、空き容量を増やしてください。

スマートデバイスから不要なアプリケーションやデータ(写真など)を削除するなど、空き容量を増やしてください。

アプリを再起動してください。アプリが正常に動作していません。

エフェクトの中には、ボイス、スタイル、ソングに共通して有効になるものがあります。そのため、最後に選択したエフェクトが有効になります。たとえば、ソングを選ぶと、ボイスの鳴り方が変わってしまう場合があります。その場合は、再度ボイスを選ぶと元に戻ります。

レジストレーションメモリーを呼び出すと、多くのパラメーターが保存したときの状態に設定されます。このため、意図せず保存したパラメーターも呼び出され、予期しない設定に変わってしまったと感じる場合があります。レジストレーションメモリーの画面で、 (情報)をタップして呼び出す項目を設定できます。

異常ではありません。レジストレーションメモリーを呼び出すと、多数のパラメーターを順に設定していくため、その途中経過が表示されることがあります。

スライダーやノブをダブルタップすると初期値に戻せます。

すべてのパラメーターを初期化したい場合は、ユーティリティー画面の[システム][初期化] を実行してください。