ユーザー音色の設定

ユーザー音色(ボイス)の設定について説明します。

ボイス選択画面

ボイス選択画面が表示されます。
全部で20のユーザーボイス(U01-U20)を選択できます。
編集したいボイスをタップして選択します。

voice1

ボイスエディット画面

選択したボイスを編集できます。

voice2 ja
  1. Voice Name
    ボイス名を編集します。

  2. Voice Group
    ボイスのグループを選択します。

  3. Preset Voice
    プリセットボイスを選択します。

  4. Transpose
    ピッチを半音単位で上下させます。

  5. Volume
    演奏時の音量を設定します。

  6. Effect Type
    エフェクトの種類を選択します。また、選択したエフェクトのパラメーターを設定します。それぞれの効果とパラメーターは以下の通りです。

    • ROTARY SP(ロータリースピーカー)
      オルガンサウンドでポピュラーなレスリースピーカーの効果をシミュレートしたエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, Drive

    • DISTORTION 1(ディストーション1)
      音を歪ませるエフェクト。

      • パラメーター:Overdrive, Output Level

    • DISTORTION 2(ディストーション2)
      音を歪ませるエフェクト。

      • パラメーター:PreAmp, Output

    • CHORUS(コーラス)
      複数の音源が同時に鳴っているような、音に奥行きと厚みを付加するエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, LFO Depth

    • FLANGER(フランジャー)
      (周波数特性的に)強いうねりを作りだすエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, LFO Depth

    • PHASER(フェーザー)
      フィードバック回路と位相をずらして原音とミックスするフェーズシフト回路を持つエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, LFO Depth

    • TREMOLO(トレモロ)
      音量を周期的に変化させるエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, AM Depth

    • AUTO PAN(オートパン)
      音の定位を、周期的に左右に動かすエフェクト。

      • パラメーター:LFO Freq, L/R Depth

    • LPF(ローパスフィルター)
      設定した周波数よりも高い成分を減衰させるフィルター。

      • パラメーター:Cutoff Offset, Resonance

    • HPF(ハイパスフィルター)
      設定した周波数よりも低い成分を減衰させるフィルター。

      • パラメーター:Cutoff Offset, Resonance

  7. Analog Controller Type
    アナログコントローラーに割り当てる機能を選択します。

    割り当て機能

    説明

    Pitch Bend ピッチベンド

    ピッチを上げ下げする。

    Modulation モジュレーション

    音に揺れの効果を与える。

    Portamento ポルタメント

    音のつながりを滑らかにする。

  8. Pitch Bend Range
    ピッチベンドの上げ下げの幅を設定します。値が大きいほど幅が広くなります。

  9. Portamento Time
    ポルタメントの速さを設定します。値が大きいほど、音のつながる速度が遅くなります。