コンピューターでソング(MIDIファイル、オーディオデータファイル)を再生し楽器で鳴らす

下記に標準的な手順をご紹介します。

1.  楽器とコンピューターを接続します。

お使いのコンピューターや、データの種類によって使用するドライバーが違います。詳しくは「接続方法」をご覧ください。

2.  コンピューター上で、再生用のアプリケーションを立ち上げます。

再生用アプリケーションに関する詳細な使い方は、アプリケーションに付属の説明書をご覧ください。

3.  再生したいファイルを準備します。

     MIDIファイル

     オーディオデータファイル

4.  必要に応じてアプリケーションの出力先を楽器に変更します。

5.  コンピューター上で、ファイルを再生します。

コンピューターで再生したファイルが、楽器で鳴ります。

NOTE

     MIDIファイルで、楽器にない音色(ボイス)を使用している場合、元の曲が正確に再生されないことがあります。

     オーディオ再生できるモデルは限られています。「対象モデルと対応データ」の「USBオーディオ通信」欄、または楽器に付属の取扱説明書でご確認ください。